« ケンカ別れした彼ともう一度やり直す効果的な方法 | ホーム | 離婚すると決定・・・より高い慰謝料を獲得するためには・・・ »

2016年5月 2日

結婚した後に後悔しないために交際中にやっておくべきこと

reni1.jpg結婚する前にやっておくとよいと思うこと。実際に結婚して13年になりますが、交際期間が短くて結婚したので、旦那の事を知らないまま結婚になりました。今は幸せな生活を送っていますが、お勧めできる結婚前にやっておきたかったこと紹介しますね。

★自分を偽っていないかきちんと考える必要があります。結婚は一緒に生活するということなので、偽っている自分では、疲れてしまいます。自分のままで付き合うことで結婚後も裏表なく円満な生活ができます。

☆私は自分のままで楽に付き合っていけたので結婚しましたが、友達は裏表があり別れている人もいます。

★食の好みを知りましょう。結婚すると彼を一緒に食事をするのが当たり前になりますが、実際に育った環境などで、味付けが違います。重要なポイントは薄味が好きか、濃い味好きかで彼に合せて料理することが出来ます。

☆食事は妻として頑張って作っていますが、今はお互いに慣れていますが、彼は自炊をしていて、作ってもこうやって、アーやってと言ってくるのは面倒でしたが、今は何も言いません。

★価値観は結婚とは無関係と考えている人も多いと思いますが、何よりも重要な問題です。実際に、何に対しても逆の考え方だった場合には、結婚した後もお互いの考え方を理解することが出来ず苦痛な思いをしてしまう結果に繋がってしまいます。

☆考え方が違うことはありますが、お互い意見を出すことにより、解決する事が出来ます。最初は考え方の違いで嫌だなと感じた事がありましたが、今では、考え方をお互いに理解できるようになりました。

★趣味を知ることも重要です。実際に趣味がギャンブルなどの場合には、結婚後に喧嘩になってしまったりすることも多いので気をつけてくださいね。

☆旦那はギャンブルが好きだったのですが、私の実家が漁師と言うこともあり、趣味が釣りになりました。

★いざというときに守ってくれるか。言い訳などでごまかす男性はお勧めできません。実際に頼れるという男性出ないと一緒にあるいて行くことが出来ないので、きちんと確認しておくようにしましょう。

☆付き合っている時に、他の男性にガツンと言ってくれて頼れると感じました。

★家族を知る。これ重要です。彼と結婚するのですが、結婚するということは家族とも付き合って行くことになります。昔の人が良く言っていますが「親を見て結婚しろ」と親によく言われていました。彼が良い人でも親が悪い場合には、上手くいきません。夫婦の間で問題がない場合も、横から出てくると喧嘩になってしまいます。

☆付き合いが短く親などを知りませんでしたが、親のことで何度も喧嘩をしました。

やっぱり何よりも、自分の気持ちだけでなく、周りの人を知ることが重要です。結婚はお互いの家族が親族になるので、そこが一番大事だと思います。

このブログ記事について

このページは、myplanningが2016年5月 2日 10:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケンカ別れした彼ともう一度やり直す効果的な方法」です。

次のブログ記事は「離婚すると決定・・・より高い慰謝料を獲得するためには・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。